JGC修行1~9回目(2019年6月16日~10月3日)

デルタ航空 ニッポン500マイルキャンペーン
 JGC修行の国内線のフライトは、デルタ航空 ニッポン500マイルキャンペーン (リンクの一番下です。) の対象フライトですので、しっかりマイルを頂いておきましょう。このキャンペーンを簡単にご説明しますと、「国内線フライトの搭乗後2ヶ月以内に、"デルタ航空に"その航空券のコピーを提出すれば、500マイルがもらえます。2019年4月1日~2020年3月31日までの搭乗分が有効です。」というものです。
 この国内線の該当フライトは、JAL, ANAに限らず、全てのLCCの国内線も対象。更に、特典航空券(貯めたマイルで獲得した航空券)も対象です。
 詳しくは、デルタ航空 ニッポン500マイルキャンペーン (リンクの一番下です。)でご確認下さい。ここで重要なのは、紙の航空券(オリジナル)のコピーを提出しなければならず、その他の証拠は原則ダメで、色々な理由付けでOKな場合もある。ということです。結局、各フライトの際に、必ず紙の航空券を発行してもらえば問題は無く、そうでなければ、散々手間暇かけてもアウトになる可能性が高い。ということになります。
 私が知る限りで"紙の航空券"の入手方法を説明しますと、JALの自動チェックイン機は、ANAの自動チェックイン機のように、"紙の航空券"の発券ができません。
 従って、出発前に、チェックインカウンターで発券してもらうしかありません。HND(羽田)では、航空券販売窓口のカウンターで発券してもらえますが、OKA(那覇), ITM(伊丹), CTS(新千歳)では、私はチェックインカウンターで発券してもらいました。チェックインカウンターは、預け荷物がある人がけっこう並んでいたりしますので、早めに並ばないと、保安検査場に行くまでの時間的マージンが圧迫されます。
 当日乗り継ぎの場合は、最初に搭乗する空港で当日搭乗分の全ての航空券を発行してもらえますから、乗り継ぎで利用したKIX(関西)での航空券発券の方法は、私は説明できません。
 JGCのカウンターが利用できる方なら、何時でも空いているのでストレスフリーで航空券を発券してもらえるでしょうが、JGCのメンバーでない人ですと、チェックインカウンターが混んでいると、ホント、ストレスが溜まります。ちなみに私は、ITMのチェックインカウンターで航空券を発行してもらった際は、チェックインカウンターが混んでいて、搭乗時刻ギリギリになってしまいました。

500マイル獲得の記録一覧

 私が気づいた範囲でのお話ですが、2019年6月29日にデルタ航空の 日本500マイルキャンペーンの申請書式と申請方法が変わりました。それまでは、申請は FAXか香港に郵送 だったのですが、それが Eメールのみ に変更になり、「紙の航空券をスキャンして、申請書と共に画像で送って下さい。」に変更になりましたが、いきなり変更になりましたので、私は気付くのが遅れて戸惑いました。
 私は何時もセブンイレブンからFAXしていたのですが、急にFAXが繋がらなくなったので、「おかしいな?」と思い、FAX番号に音声電話をかけてみると、「この電話番号は使われておりません。」とアナウンスが・・・ 私は2日で気づきましたが、私と同じようにコンビニからFAXしていた人だと、Eメールに変更に気が付かなかった人も、相当いたのかも知れません。
 このキャンペーンは、デルタ航空のご厚意ですから、四の五の言わずに、デルタ航空が決めたルールに、黙って従っておけば良いのです。キャパオーバーで、申請方法がFAXからEメールに変更になったのでしょうが、Eメールの方が便利ですし「それでいいじゃないですか。」ってことです。細かい事での抗議が連発すると、次回のキャンペーンが行われなくなってしまうかも知れません。皆で、「私は従いますし、歓迎しますよ。」と言っておいた方が利口です。
JAL 日本航空
No 日付 便名 経路 申込日 500マイル
付与日
付与まで
の日数
備考
1 6/16 JAL113 HND-ITM 6/17 6/28 11日 搭乗券をFAX
2 6/16 JAL128 ITM-HND 6/17 6/28 11日 搭乗券をFAX
3 6/19 JAL921 HND-OKA 6/21 6/29 8日 搭乗券をFAX
4 6/20 JAL902 OKA-HND 6/21 6/29 8日 搭乗券をFAX
5 6/25  JAL921 HND-OKA 7/1 7/18 17日 搭乗券をPDF添付のEメールで送信 (7/17に再送信)
6 6/27 JAL902 OKA-HND 7/1 7/18 17日 搭乗券をPDF添付のEメールで送信 (7/17に再送信)
7 7/2 JAL921 HND-OKA 7/6 8/2 27日 搭乗券をPDF添付のEメールで送信 (7/25に再送信)
8 7/3 JTA004 OKA-KIX 7/6 8/2 27日 搭乗券をPDF添付のEメールで送信 (7/25に再送信)
9 7/3 JAL2505 KIX-CTS 7/6 8/2 27日 搭乗券をPDF添付のEメールで送信 (7/25に再送信)
10 7/4 JAL2502 CTS-KIX 7/6 8/2 27日 搭乗券をPDF添付のEメールで送信 (7/25に再送信)
11 7/4 JTA005 KIX-OKA 7/6 8/2 27日 搭乗券をPDF添付のEメールで送信 (7/25に再送信)
12 7/5  JAL994 OKA-HND 7/6 8/2 27日 搭乗券をPDF添付のEメールで送信 (7/25に再送信)
13 7/8  JAL921 HND-OKA 7/13 8/12 31日 搭乗券をPDF添付のEメールで送信 (7/29に再送信)
14 7/10 JAL994 OKA-HND 7/13 8/12 31日 搭乗券をPDF添付のEメールで送信 (7/29に再送信)
15  7/10 JAL921 HND-OKA 7/13 8/12 31日 搭乗券をPDF添付のEメールで送信 (7/29に再送信)
16 7/11 JAL994 OKA-HND 7/13 8/12 31日 搭乗券をPDF添付のEメールで送信 (7/29に再送信)
17 7/16 JAL921 HND-OKA 7/18 8/19 32日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信
18 7/17 JAL902 OKA-HND 7/18 8/19 32日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信
19 9/3 JAL239 HND-OKJ 9/6 10/7 31日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信
20 9/4 JTA011 OKJ-OKA 9/6 10/7 31日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信
21 9/4 JAL904 OKA-HND 9/6 10/7 31日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信
22 9/23 JAL991 HND-OKA 9/30 11/17 48日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信 (11/2に再送信)
23 9/24 JTA004 OKA-KIX 9/30 11/17 48日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信 (11/2に再送信)
24 9/24 JAL2505 KIX-CTS 9/30 11/17 48日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信 (11/2に再送信)
25 9/25 JAL3510 CTS-FUK 9/30 11/17 48日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信 (11/2に再送信)
26 9/25 JAL3515 FUK-CTS 9/30 10/27 27日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信
27 9/26 JAL3510 CTS-FUK 9/30 10/27 27日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信
28 9/26 JAL3515 FUK-CTS 9/30 10/27 27日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信
39 9/27 JAL2502 CTS-KIX 9/30 10/27 27日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信
30 9/27 JTA005 KIX-OKA 9/30 10/27 27日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信
31 9/28 JAL994 OKA-HND 9/30 10/27 27日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信
32 10/3 JAL317 HND-FUK 10/5 10/30 25日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信
33 10/3 ANA260 FUK-HND 10/5 10/30 25日 搭乗券をJPEG添付のEメールで送信
ANA 特典航空券を利用
34 12/10 ANA477 HND-OKA 12/14  12/22 8日 参考(JGC修行以外) 
35 12/11 ANA464 OKA-HND 12/14  12/22 8日 参考(JGC修行以外) ANA 特典航空券を利用
36 3/3 ANA993 HND-OKA 3/9 3/9 0日 参考(JGC修行以外) 
37 3/6 JAL920 OKA-HND 3/9 3/9 0日 参考(JGC修行以外) ANA 特典航空券を利用
空港コードは、ITM(伊丹), HND(羽田), OKA(那覇), KIX(関西), CTS(新千歳), OKJ(岡山), FUK(福岡) です。
POCKETALK(ポケトーク)W
 表の [ 付与までの日数 ] でわかりますが、FAXの頃は、申請後2週間以内でマイルが付与されていましたから、Eメールでの申請になってからしばらくの間は、申請後2週間で再申請を繰り返していました。FAX申請に対してEメール申請の方が付与が遅くなったので、事務的に次の手を打ったつもりですが、再申請時は、PDF添付を止めて、JPEG添付に変えています。
 Eメールでの申請なら、JPEG添付であれば、メールを開けた時点で申請書も航空券もそのまま見られる。PDF添付だと、更にPDFファイルも開かなければならないので、確認に手間がかかるのではないか? と思ったからです。
 そして、7/29以降は、再申請までの待ち時間を1ヶ月にしました。Eメール添付になってからの申請は、 マイル [ 付与までの日数 ] に1ヶ月かかると判ったからです。
 恐らくですが、No,22~25は、再送信の申請が受理されて、マイルが付与されたのだと思います。デルタ航空に電話をかけようかと思いましたが、なんとかセーフです。また、このキャンペーンは、No,33のように、特典航空券の利用の申請でも、申請すればマイルが付与されます。
 いずれにしても、搭乗後、2ヶ月以内に反映されればセーフ, 反映されなければアウトですので、申請後はデルタ航空のサイトを注意してチェックして、デルタ航空に電話をすることなく反映されれば、それでよいわけです。
 私の場合、上の表のように、無事に全てのマイルが付与されました。Eメールでの申請になってからは、最短8日~最長48日間と、反映までに日数がかかっています。(最長48日は、再申請が通ったのでしょう。)
 それから、ちょっと気になっているのですが、ANA便は、チェックインカウンターか、自動チェックイン機で航空券を発券できますが、チェックインカウンターで航空券を発券してもらっている際は、そのまま航空券をしまって、ANAカードのSkipで各ゲートを通れますが、ANAカードのSkipで制限エリアに入って、制限エリア内の自動チェックイン機で航空券を発券してもらった場合、その後は、ANAカードでSkipができなくなり、発券してもらった航空券でSkipしないと通れません。
 ANAカードでSkipしようとすると、レッドサインが表示されますので、ちょっとやっかいです。事前に知っていれば、ANAの航空券でSkipすれば良いだけの話ですが、知らないと搭乗ゲートの列から出て、印刷した航空券を探さなければならなくなります。お気を付け下さい。
 さて、新型コロナウイルスの影響で、各社飛行機の搭乗率が激減(10%以下)になってしまった2020年3月は、その日の内に反映されています。ホント、飛行機ガラガラです。今後、当面の旅行予定はありませんので、これでデルタ ニッポン500マイルキャンペーンのアップデートは終了になります。

その他、KIX-ITM CARD でのマイル取得

 JGC修行を始める際に、ネットサーフィンで知りましたが、KIXとITMで無料で発行している KTX-ITM CARD という物があります。このカードは、KIXかITMに受け取りに行かないと、入手出来ませんが、私はJCG修行1回目の時にITMで入手しました。関西地区にお住まいの方は、KIX-ITM CARD をお持ちの方はかなりいるでしょう。KIX-ITM CARD を完結に説明すると、「KIXで降機すると10ポイントもらえて、KIXで搭乗しても10ポイントもらえるカードです。」往復なら、KIXで2回乗り継ぎますから、合わせて40ポイントもらえて、100JALマイルか、100ANAマイルに交換出来ます。
 つまり、KIXを乗り継ぎ空港にして往復すると、100JALマイルをもらえますから、JCG修行で、KIXで4回乗り継ぎをした私は、80ポイントを獲得して、200JALマイルに交換できました。
 JGC修行とは、露骨に言ってしまえば、呆れる程の無駄使いですから、その浪費は、可能な限り抑えなければなりません。細かい事でも、しっかり拾い集めれば、デルタマイルだけでなく、200 JALマイルも得られるわけです。
毎週水曜日はピザ3枚 2400円~ | Big Wednesday

その他、JALのキャンペーン

 JALのキャンペーンは、eJALポイント, ポンタポイントなどがもらえることがありますが、私はJCG修行中に期間限定の2,000 eJALポイントをゲットして、JCG修行9回目の航空券購入の際に利用させて頂きました。
 また、JGC修行終了後に、JALのキャンペーン "JALに乗ってポイント(九州)" の成果ポイントとして、400 Pontaポイント が加算されていました。

考察

 JGC修行における33レグの副産物として、Rebatesから得た楽天ポイントを含めると、16,500 DELTAマイル + 200 JALマイル + 2,000 eJALポイント + 400 Pontaポイント + 3,268 楽天ポイント が得られました。けっこうでかいです。この結果は、21,868円相当が戻ってきたことになります。
 各々、申し込みをしなければ得られないマイルやポイントですから、こまめに注意深くマイルやポイントを稼ごうとするか、気にしないかの差は歴然です。

WPS Office(キングソフト オフィスソフト)